So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シャムロックに乾杯!2005夏・中 [アイルランド2005]

高さ24メートルの海に浮かぶ吊り橋





 

アイルランド西部のゴルウェイから、レンタカーでダブリンまで移動しレンタカーを返却した。

ダブリンと、それまでの行程は次回に譲るとして

今回は、その翌日にワン・デー・ツアーで行った北アイルランドの光景をご案内いたします。

このワン・デー・ツアーは、ダブリンから列車に乗り2時間5分で北アイルランドのベルファストへ。そこからは、バスに乗り込み行われるツアーで、ダブリン・コノリー駅集合は、6時55分。早いよな、開いていたコーヒーショップでサンドイッチの朝食を取りながら集合時間を待った。やがて、それらしきオジさんが登場。参加者は、30名とちょっと。日本人はもちろんいない。アメリカ人、
イタリア人、ドイツ人、フランス人、それに中国人ってとこだったかな。

ここ、北アイルランドはイギリス領。IRAの抗争が激しかった頃は、国境があったようだが、今は国境すらなく出入り自由だ。

アイルランド共和国との違いと言えば、当然のことながら通貨が異なり、ここ北アイルランドでは、英ポンドが通貨だ。

 

この2枚の写真は、最初の休憩スポットであったANTRIM COAST ROADの小さな村で撮ったものだ。

アイルランドのパブって、実に絵になるよな 9月末から出掛けるので、沢山撮ってくるぞ!

旅行中、よくパブに行った。昼は、もちろんパブ・ランチ。これが、どの店も安くて美味いのだ。そして、夜はギネスを飲みに、
音楽を聞きにパブに繰り出す。

ANTRIM COAST ROADからの光景。

そして、いよいよやってきました本日の1番目の見どころCARRICK-A-READへ。

アイルランド一恐ろしいスポットも呼ばれるこの地は、コーズウェイ・コーストの断崖と沖合いの小さな島が全長18M,高さ24Mそして幅わずか1Mの吊り橋で結ばれているのだ。駐車場から1KMほど歩いていくと「おおっ、あったぞぉ」

ナショナル・トラストが管理をしていて、橋を渡るには1.85ポンドの料金が必要だ。

こんな風に渡っていくのだが、結構揺れるのよ

 

 

渡りきった小島からは、こんな風景が眺められた。

小さな村で、ランチタイム。パブの横に、バスを横付けだ。先に、イギリスに行っていたので、ポンドを持っていて良かったな。

ここでは、釣銭として北アイルランドでしか使えない1ポンド札をゲットできた

さて、お次はお待ちかねの“オールド・ブッシュミルズ蒸留所”だ。アイリッシュと言えば、なんと言ってもブッシュ。

大好きな酒だ。豊潤な味わいとコクが、遥かなるアイルランドを感じさせてくれる酒。1時間弱のツアーで蒸留所内を見学だ。

最後の訪問地は、世界遺産でもある“ジャイアンツ・コーズウェイ”だ。柱状節理と呼ばれる多角柱が、海岸沿いに3万7千個もある雄大な景色だ。

案内図を前に、おばあちゃん何思う?こういう光景は、どこの国に行っても同じですね

最後に、16~17世紀に建てられたという“ダンルース城”を眺められる場所でフォトストップ。

この城は、高さ30Mの断崖の離れ岩の上にあり、城の下には海に逃れる秘密の洞窟もあり難攻不落の城だったらしい。

ささ、ベルファストに戻り列車でダブリンへ。到着は、22時15分。一日掛かりのツアーだった。ダブリンからガイドをしてくれたショーンおじさん(65歳は、行ってたな)、聞けば、このような仕事を週に4度ほどやっているそうで、疲れているのでしょうね。帰りの列車の中ではお休みになられていました。どうも、ありがとう


nice!(38)  コメント(23)  トラックバック(1) 

nice! 38

コメント 23

素敵なツアーに私も参加できたみたいで楽しかった!!(^Q^)/゛
そのつり橋は素敵ですが、怖くて足が震えそうですね・・(^^;
今月旅行に行くのですか、いいですね~♪たくさん写真撮ってきてね☆
by (2007-09-01 22:41) 

八犬伝

TO:ミラクルママさん
でもね
思ったよりも恐くなかったですよ。
イメージ膨らんじゃってって、恐かったんですけど
列に並んだら
ええ~い、どうにでもなれ
と、落ち着きました(^^ゞ
by 八犬伝 (2007-09-01 23:06) 

sasasa

おぉ!
このつり橋、高所恐怖症の自分はきっと渡れないですね(^_^;)
by sasasa (2007-09-02 00:00) 

八犬伝

TO:sasasaさん
駄目ですか、高いところ
私も得意じゃないけれど
えい、やあっと渡ってしまいました。
by 八犬伝 (2007-09-02 10:49) 

八犬伝

TO:nice!を、いただきました皆様
どうも、ありがとうございますm(__)m
by 八犬伝 (2007-09-02 11:11) 

この吊り橋を、また戻ってくるんですか?
蒼い海は大好きですけど吊り橋は・・・(^^;)
by (2007-09-02 11:34) 

Duet

素敵な写真ですね
アイルランドには1度行ってみたいと思っておりました
ますます行きたくなりました、最後のダンルース城の写真
良ですね、なんともいえない郷愁を感じます
GOLD
by Duet (2007-09-02 13:48) 

怖い。汗
by (2007-09-02 15:33) 

風詩

その吊り橋は、絶対無理っぽい。(>_<)
by 風詩 (2007-09-02 21:40) 

八犬伝

TO:mistyさん
そうなんです、戻ってくるのですよ。
両サイドにおじさんがいまして、指示を出すのです。

TO:DUET-Wonderfさん
お運びいただき、ありがとうございます。
アイルランドには、郷愁を感じさせる場所、沢山ありますよ。
by 八犬伝 (2007-09-02 23:35) 

八犬伝

TO:こうちゃん
それがですね。
足がすくむかと思ったのですが、度胸を決めてわたり出したら
何でも、なかったですよ。

TO:クールさん
なあに、大丈夫ですよ(^^)v
by 八犬伝 (2007-09-02 23:37) 

maro*

ヨーロッパ、未踏の地ですが、城も魅力的ですねぇ
ドイツあたりも回ってみたいと思いつつ、いつになったら実現できることやら・・・(^◇^;)
by maro* (2007-09-03 00:33) 

スゴクステキです~!
日本人はいないのですね・・・。
吊り橋、ちょっと怖そうですが、すてきな景色がみられるなら渡ってみたいな~~♪
by (2007-09-03 16:28) 

くみみん

こんばんは。
吊り橋!!渡りたい♡
お城のある風景って憧れます=^-^=♪
by くみみん (2007-09-03 20:25) 

八犬伝

TO:maro*さん
ヨーロッパは、国よって表情と人ががらっと変わるから面白いですよ。
是非、お出掛けくださいまし!

TO:りすあすさん
そうですね
この日は、誰一人として日本人に遭遇しなかったですよ。
吊り橋、大丈夫ですよ(^^)v
by 八犬伝 (2007-09-03 22:30) 

八犬伝

TO:kumiminさん
この橋は、夏の間しか渡れないのですよ。
やはり、冬になって風が吹き出したら危ないってことなのでしょうが。
そうですね
城がある風景は、これまた格別ですね。
by 八犬伝 (2007-09-03 22:32) 

ぱせりん

吊橋!細くて揺れそうですね!
怖そうだけど渡ってみたい気もします♪
“ジャイアンツ・コーズウェイ”の柱状節理はすごいですね!
この前、久米島に行った時にも柱状節理の海岸(畳石)が
あったのですが、柱の部分が地中に埋まっていて、
表面だけが地上に出ていて、まるで亀の甲羅のようなところでした。
by ぱせりん (2007-09-03 23:11) 

八犬伝

TO:ぱせりんさん
ジャイアンツ・コーズウェイは、凄かったですよ。
延々と続いていました。なんか、独特の風景でしたね。
by 八犬伝 (2007-09-03 23:54) 

rose-k

海の色がとても綺麗ですね~(^^)
つり橋は揺れましたか?
お金を払って怖い思いを・・・したいかも(笑)
by rose-k (2007-09-04 16:46) 

Ranger

いいなぁー^^
どの景色もきれい
ジャイアンツ・コーズウェイに行きたいなぁ
by Ranger (2007-09-04 18:52) 

八犬伝

TO:rose-kさん
あっ、いやあ
思ったほど揺れなかったですよ
もっと、ぐらんぐらん揺れるのかと思ってましたので
若干拍子抜けしましたです、はい。

TO:Rangerさん
ありがとうございます。
アイルランドは、手付かずの自然が
まだまだ残っていて
なかなかいいですよ(^^)v
by 八犬伝 (2007-09-04 23:14) 

maguro-wasabi

北海道の積丹に雰囲気似ています。
青い海に白いかもめがステキ♪
by maguro-wasabi (2007-09-08 09:19) 

八犬伝

TO:まぐろとわさびさん
お運びいただき、ありがとうございます。

なるほど、積丹ですか
遠い昔(本当に、30年ほど前だ)に訪れたことがあります。

北アイルランドの青い海は、綺麗でしたよ。
by 八犬伝 (2007-09-08 12:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1