So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道2012夏-17 [小樽]

一番のラーメンは一番なのだ
いよいよ、小樽の街歩きも今回が最終回となります。

DSC08042ND.JPG
小樽の街には、まだまだ蔵造りの建物が残ってますね。

DSC08045ND.JPG
おや、猫が歩いているぞ
とても、のどかだな。
小樽は、やはり路地裏がいいですね。

DSC08047ND.JPG
一番
さあ、やってきました。
昼にします。

続きを読む


nice!(101)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

北海道2012夏-16 [小樽]

路地裏で見つけたお洒落な雑貨屋
小樽の街歩き、まだ続けます。

DSC08009ND.JPG
海猫屋から、さらに駅方向へ向かってすぐに
こんな建物が飛び込んできました。

DSC08008ND.JPG
川又商店
日光ペン、日光ボールペン
文房具屋さんなのでしょうかね?

DSC08012ND.JPG
おやあ、文房具屋らしからぬ店構えだな。

続きを読む


nice!(98)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

北海道2012夏-15 [小樽]

やはり路地裏がいいね小樽は


さあ、小樽の街歩きを続けましょう。

DSC07977ND.JPG
やってきたのは、石造りの運河プラザ 
ここは昔、海沿いにあった大きな倉庫
明治中期に建てられた物を、こちらに持ってきたそうで
中は、観光案内所となっていました。

DSC07979ND.JPG
半被を着た犬もいましたよ。

DSC07983ND.JPG
中庭もあり、とても広々したスペース
人もあまりいず、のんびりと出来ました。

 

続きを読む


nice!(105)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

北海道2012夏-14 [小樽]

小樽運河は生きていた
さあ、小樽の街歩きを続けましょう。

DSC07935ND.JPG
瑠璃工房
アクセサリーショップのようでした。
蔵造りの建物が、良いですね。

DSC07932ND.JPG
土産屋ばかりが並ぶ、堺町本通り
この宅急便屋のおにいさんだけが、生活感を漂わせていました。

DSC07940ND.JPG
小樽出抜小路
こちらには屋台村があるようですが
先を急ぎましょう。

続きを読む


nice!(98)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

北海道2012夏-13 [小樽]

観光客だらけの堺町本通り
さあ、小樽の街歩きを続けましょう。

DSC07884ND.JPG
堺町本通りへと入ってきました。
正面の塔状の建物は、洋菓子屋のルタオの建物です。

DSC07893ND.JPG
どうです
なかなかお洒落でしょ。

DSC07896ND.JPG
ルタオの建物の最上階が展望台になっていると、店頭にいた売り子さんに聞きました
ので、登ってみました。

続きを読む


nice!(115)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

小樽冬景色その2 [小樽]

小樽 1978~81 冬  その2


冬の小樽、もう少し使える写真があるので、アップロードしておきたい。

生きていた運河

運河の幅は、今の2倍はあっただろう。このように、あちこちに船が係留されていた。

 

3月も中旬を過ぎると、積もった雪が黒くくすんできて汚かったな。

天狗山の方を歩いていた住宅地に、雪遊びをしている子供を見つけた。自分にとっては、子供写真は滅多に撮らなかったので、珍しいワンショットだ。この子も、もう随分と大きくなっただろうな。

街並みが、かなり昔の風情ですね。

 

この街は、坂があり山があり海がある。昔から大好きな街だ。

 

 

 

 


nice!(22)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小樽冬景色 [小樽]

小樽 1978~81 冬


ソネット加入と同時に立ち上げておいたブログ、忘れ去っていたのだが、ここらで、立ち上げてみたいと思う。



まず、初回は自分の写真の中での原点とも言える「冬の小樽」だ。学生時代の冬は、毎年北海道に写真を撮りに行っていた、いわゆるサークルの合宿であったのだが、その中身はとてもフリーで、例えば、2月20日に札幌集合、3月1日に網走に集合。あとは、自分の撮りたいものを撮りたい場所で撮っていた。私が好きだったのは、「小樽」運河もあの当時は生きていて、実際に運搬用に使われていた。夏は臭かったらしいが、雪が覆い尽くす冬は匂いはなかった。



 あの頃の写真すべてが残っているわけではないので、とても残念なのだが、使えそうな写真を拾い出してみよう。

この頃から、街写真を撮るのが好きだった。

ああ~、この写真は定着液のむらが出ているな。もちろん、この頃は自分で現像・引き伸ばしまでやっていた。

いやいや、フイルムまでもトライXの長尺を買ってきて、自分でパトローネに巻いていたのであった。

一昨年、久しぶりに訪れてみたが、上記の情景は、ほとんど変わらずに残っていて

なんだか嬉しかったな。

今や、観光客相手のみの駅前の「三角市場」も、このように生きていた。 

なんだか、随分と昔のような光景です。


nice!(22)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感