So-net無料ブログ作成
検索選択
フランス ブログトップ

アイルランドそしてラグビー・至福の2007秋-13 [フランス]

本場のブイヤベースに舌鼓


DAY9
今日も、マルセイユまでTGVで通うのだ。
リヨン発8時25分のTGVで、まっすぐマルセイユまで到着は10時14分だ。キックオフは15時なので、それまで旧港に行ってみることにした。



地下鉄の出口を出ると、いきなり飛び込んできた光景。

右側の男の子、魚を見るのが恐いのでしょうかね?しっかりとお父さんの手を握ってます。

魚もでかくて迫力あるけど、この女性も迫力あったな

マルセイユ港から、船でイフ島に渡れる。
イフ島にはシャトーディフと呼ばれる牢獄が作られ、動乱をもたらす名家の王子や子息達が収容されていたようだ。
モンテ・クリスト伯(巌窟王)の舞台となった島だ。
今回は残念ながら時間がないので、行けませんけどね。

南アフリカの緑のジャージを着た人達が、うじゃうじゃといた。

続きを読む


nice!(38)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アイルランドそしてラグビー・至福の2007秋-11 [フランス]

世界遺産のアヴィニヨンを、2時間で駈け抜けた


DAY8
さて、今日からマルセイユでラグビーワールドカップの観戦だ。
朝食のレストランで、東京から昨日やってきたラグビー仲間と合流した。このリヨン・マルセイユポーションは、13人で動くことになる。2月末に、今回の旅を計画し、すぐにホテルの手配を始めた。マルセイユ・エクサンプロヴァンス・アヴィニヨンとホテルをあたっていったのだが、非常に混んでいて予約を取ることが出来ない。そして、最終的にリヨンに落ち着いたのだ。リヨンからマルセイユまでは、TGVで片道約2時間の道のりだ。2日間、TGVでマルセイユに通うのだ。今日は、途中の街アヴィニヨンに立ち寄ってからマルセイユに入るスケジュールにした。


レパブリック通り
耳のマークの看板が、なんとも目だっていたな。

マルセイユ発8時25分のTGVに乗りアヴィニヨンTGV駅到着は9時34分。イングランドのジャージを着た人達が沢山TGVに乗り込む中下車し、バスでアヴィニヨン・センター駅へ向った。マルセイユまでは、このアヴィニヨンセンター駅発11時49分のローカル線で向う。僅か2時間で、世界遺産の街アヴィニヨンを駈け抜けるのだ
レパブリック通りを、まっすぐに法王庁に向う。

土曜日だったので、市が立っていた。

おっ、洗濯物だ
この日は天気もよく、夏の陽射しでしたよ。



なんとも大胆な服装だ


THEATRE
なんとも歴史の重みを感じる街だな。

続きを読む


nice!(37)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アイルランドそしてラグビー・至福の2007秋-10 [フランス]

美食の都リヨン・軒を連ねるレストラン



 

DAY7
ダブリン発12時30分のエアリンガスで、リヨンまで移動だ。リヨン到着は、15時30分。ダブリン・リヨン間のフライトは、一日一便のみの運航なのです。明日からはラグビー漬けの日々になるので、何とか今日中にリヨンを見て回りたいな。ダブリン空港のパブでサンドイッチを買い、軽いランチにした。搭乗ゲートまで行ったら、どうやらフライトがディレイのようだ。機材が、まだ到着してない。今日は、時間の余裕がないのになあ


さらば、アイルランド!

それにしても、楽しかったなあアイルランドは。後ろ髪を思いっきり引かれながら、エアリンガスに乗り込みました。
今回の旅は、もともと7月に出かける予定でしたが、ひょんなことからフランスで開催されるラグビーワールドカップのチケットが、原価で入手出来るルートを確保。そんなわけで、9月末からアイルランドそしてフランスに回る旅にしたのです。ラグビーがなければ、アイルランドとフランスをくっ付ける行程にはしませんでしたね。
フライトは、結局40分ほど遅れてリヨンに到着しました。

ホテルまで、どうするかなあ??バスで行ってもいいのだけれど、降りてから重いバッゲージを持ってホテルまで辿り着くの嫌だし、時間の余裕もないので、ここはタクシーだ。で、タクシーに乗り込んだのだけれど・・・・・・・・・
高速を走り出したら、何故かスローダウンし、止まってしまった。なんなんだあと思っていると、パトカーの警官が降りてきて、この運ちゃん捕まっちゃった。当たり前だけど、フランス語で話しているのですが・・・・・・・
どうやら運転中に携帯で話しているので、捕まったようだ。あのなあ、まったくお願いしますよ。時間的に10分近くロス、時間がないんだってばさ。その後も携帯で話してるし、
「お前なあ、いい加減にしろよ」
日本語で、がんがん喋ってやったわ、頭にきたので。これだから嫌なんだよな、超個人主義の国フランスは。まあ、まだいい加減なイタリア人よりは、ましだけど。どうも私にはラテンの国が、あわないんだよな
ホテルにチェックインし、バッゲージを置いて、すぐに街に繰り出した。時間がないからなあ、結局行きたかったフルビエールの丘は断念し、旧市街へ。


うう~ん、フランスだなあ。街並みが、アイルランドとは違いますね。

ビルの間に、聖堂が見える。


靴屋もお洒落だよな。

さあて、夜の帳が下りてきましたね。
どこで、飯を食うかな。情報によると、ここらにレストランがずらっと軒を連ねるレストランストリートがあるのだけれどな。2区のBellecourあたりなんだけどな。

続きを読む


nice!(40)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
フランス ブログトップ