So-net無料ブログ作成
検索選択

シャムロックに乾杯-9 アイルランド2011夏 [アイルランド2011]

アイルランドの歴史を作ってきた要塞


キルケニーを出発し、ウォーターフォード、ヨール、コーヴを訪れた3日目
最後にやってきたのは、この日の宿泊地キンセール。

DSC00958ND.JPG
チャールズ・フォート
まずは、街の外側にあるというこの要塞を目指したのだが
なかなか見つからず、30分以上あちこち車を走らせて、やっと辿り着きました。

DSC00960ND.JPG
このチャールズ・フォートは、17世紀に建てられた要塞で
アイルランド最大の軍事施設として1689年から
91年のウィリアマイト戦争や、
1922年から23年のアイルランド内戦の舞台ともなってきました。


DSC00961ND.JPG
大西洋・キンセール湾に突き出た場所に位置する要塞。

 

DSC00969ND.JPG
対岸には、ジェームス・フォートもあり、重要な施設として使われた要塞。

DSC00964ND.JPG
空も晴れ渡り、アイルランドの夏を満喫したひとときでもあった。
なかなか壮大な眺めでしたよ。


DSC00956ND.JPG
時刻は、17時を過ぎ
さあ、そろそろ宿泊場所に向かおう。

DSC00973ND.JPG
BLINDGATE HOUSE
キンセールでの宿泊は、このゲストハウスにした。
色々と調べてみたのだが、ぴんと来るホテルがなかったので。

DSC00970ND.JPG
ゲストハウスとは、B&Bのちょいと高級版で
基本は、夕食のレストランがなくて朝食が付いている施設だ。
このゲストハウスは、非常に清潔にしていて
とても心地が良かった。
また、中心街から1本奧へと入った道に位置しているので
とても静かで快適だったな。

夕食は、ゲストハウスの女性オーナーにお勧めのレストランを聞き、
予約を取ってもらった。


DSC00976ND.JPG
レストランの予約は、20時にしたので
ぶらぶらとキンセールの街を歩きながら、レストランに向かうことにする。

民家に飾られた花が、とても綺麗だったな。

DSC00979ND.JPG
ゲストハウスの隣は、小学校だったので
ここは、通学路になっていた。


DSC00984ND.JPG
青い家も、街中の景観に溶けこんでいましたよ。

DSC00988ND.JPG
真っ赤な窓枠を持つ白い家では、子ども達が遊んでいました。

DSC00990ND.JPG
こちたのピンクの家の窓枠には、アイルランドの国花であるシャムロックが刻まれて
いました。

家々も、とてもお洒落なのです。

シャムロックに乾杯-10 アイルランド2011夏に続く


よろしかったら、お願いします



にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
nice!(114)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 114

コメント 18

吟遊詩人41

チャールズ.フォートは聞いたことあります、商港キンセールを守る為に造られたとか、星形をしてたらしいですね?(記憶が?かな
白壁に赤い窓が印象的で可愛い~です♪(^^♪
by 吟遊詩人41 (2011-08-31 10:26) 

yychiro

アイルランドの風を感じました。
また、行きたくなりました。
by yychiro (2011-08-31 12:41) 

sig

こんにちは。
この堅固な要塞でどんな戦いがあったのでしょうか。興味は尽きませんね。
by sig (2011-08-31 12:58) 

pn

いまさらですが旅慣れてますよね。かっこいー♪
夕飯は次回ですか(笑)?
by pn (2011-08-31 19:34) 

yakko

こんばんは。
アイルランドの歴史は殆ど知りませんが、この要塞は頑丈そうですね。人類の歴史は戦いの歴史ですね・・・(;゜ロ゜)
by yakko (2011-08-31 20:37) 

mamii

海岸は草原のようで綺麗ですね。
昔このようなところで戦いがあったとは・・・ね。
by mamii (2011-08-31 21:00) 

八犬伝

TO:吟遊詩人41さん
そうですね
星形だったらしいのですが
今じゃ、原型を留めていないようです。

TO:yychiroさん
ようこそお運びくださいました。
いいですよね、アイルランドって(^^)/

TO:sigさん
数々の舞台となってきたようですよ。
スペイン・アイルランドの連合軍かイギリスと闘ったキンセールの闘いなどの。
by 八犬伝 (2011-08-31 21:37) 

八犬伝

TO:pnさん
ありがとうございます。
夕食は、そうですね
次回では、まだありつけません(^^ゞ

TO:yakkoさん
そうですね
もう、終わりにしたいですね、そんな歴史は。

TO:mamiiさん
この街を巡って、幾多の闘いがあったようですよ。
by 八犬伝 (2011-08-31 21:39) 

よっちん

学生時代、北アイルランドの紛争が頻発していたことを思い出します。
今はもう、イングランドとの対立や宗教上の対立は沈静化したのでしょうか。
この国には静かで穏やかな日々が似合いますね。
by よっちん (2011-08-31 22:36) 

saeko

私も街を歩いてるような気持になれます。
要塞のある風景も素晴らしいです。
道路に書かれた通学路の表示、日本とは違いますね。
お家も可愛い・・・ 真っ赤な窓枠、家にも欲しいくらいです(笑)
童話の中のお家のようですね。

by saeko (2011-08-31 22:51) 

八犬伝

TO:よっちんさん
北アイルランド紛争は、やっと鎮静化したようですよ。
2年前のアイルランドは、ベルファストそしてデリーと抗争のあった街を訪ねてみました。物凄い壁画でしたよ。
もしよろしかったら
アイルランド2009で、その模様をご案内してありますので
ご覧いただければ幸いです。
30回のシリーズですが、冒頭部分が北アイルランドになっています。

TO:saekoさん
アイルランドの家は、可愛らしい家が多いですよ。
その塗装のせいかもしれませんね。
通学路の標識、こんなにも違う物なのですね。
by 八犬伝 (2011-09-01 20:40) 

OMOOMO

要塞・・・堅固ですね。歴史を感じます。
街がかわいらしいですね、夢があります。
by OMOOMO (2011-09-02 00:03) 

八犬伝

TO:OMOOMOさん
そうですね
遙か昔に思いをはせました。
アイルランドの街角は、とっても良いですよ(^^)/
by 八犬伝 (2011-09-02 20:38) 

しろうさぎ

素敵なゲストハウスですね。
泊ってみたいです~^^。
今夜は台風が接近中ですね。
気を付けてお休みになって下さいませ。
by しろうさぎ (2011-09-03 00:59) 

ナタリー

すごく奇麗な写真ですね!!わたしは来週UKへ引っ越しるんですからこんな景色に慣れられたらいいなと思います♪
町はロンドンになりますけどww
ちなみにわたしはアメリカ人のナタリーで、これからもよろしくお願いします!
by ナタリー (2011-09-03 02:07) 

U3

わたしがLake Districtで泊まったゲストハウスのオーナーはとても変わったご夫婦でしたね。同行したイギリス人夫妻もちょっと変わっているといっておりました。
by U3 (2011-09-03 09:50) 

八犬伝

TO:しろうさぎさん
このゲストハウスは清潔で
そして何よりも朝食が抜群に美味かったですよ。

TO:ナタリーさん
ようこそお運びくださいました。
そうですか
イギリスでお暮らしになるのですか。
しかもアメリカからですか
素敵なイギリス生活になるといいですね。
ことらこそ、どうぞよろしくお願いします。

TO:U3さん
湖水地方もいいですよね。
なるほど、色々な方がいるのでしょうね。
by 八犬伝 (2011-09-04 14:31) 

二兎丸

ゲストハウスの看板と青いお家がオサレだ~(Φ∀Φ)♪
by 二兎丸 (2011-09-11 23:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0