So-net無料ブログ作成

シャムロックに乾杯!アイルランド09夏-27 [アイルランド2009]

キルメイナムで祈りを捧ぐ
DSC05874N.JPG
KILMAINHAM GOAL
ギネスストアハウスで、世界一美味いビールを味わい
ギネスのロゴ入りシャツを購入して外に出てきたら、まだ3時。

まだ、行けるな。

DSC05876N.JPG
やってきた、ここは

DSC05887N.JPG
重い木の扉に、石の壁

DSC05893N.JPG
アイルランドを語る上で、外すことの出来ない

DSC05895N.JPG
キルメイナム刑務所です。

DSC05897N.JPG
このキルメイナム刑務所は、1796年に建てられ、1924年に閉鎖されるまで
10万人以上を収容してきました。
石灰岩で作られたこの刑務所は、雨の日には水が漏れ、湿気と冷気により
ほとんんどの収容者が健康を害したそうです。
しかしながら、1845年から1847年にかけた大飢饉では、逆に刑務所にいた方が
食物も施され、刑務所は貧窮に苦しむ人々であふれかえったとのことです。

DSC05899N.JPG
アイルランド独立運動に携わった指導者などが、収容され処刑された
アイルランドを語る上で、忘れてはならない存在です。

ここには、4年前にも訪れたことがあるのですが
我が家を出発前に、気分を高めるために
「マイケル・コリンズ」のDVDを見たものですから
無性に、また訪れたくなってしまっていたのです。


DSC05906N.JPG
パノプティコン(一望監視施設)と言い、看守から囚人は見えるが
囚人からは看守が見えない
その結果として、囚人は常に監視をされていると意識せざるを得ない状況を
作り上げています。


DSC05909N.JPG
キルメイナムの見学は、ガイドツアーによってのみ可能です。
先を行くのは、ガイドの女性です。

DSC05915N.JPG
訪れたのは、7月の観光シーズンでもあり
このように40人ほどのガイドツアーとなりました。
こちらは、THE WEST WINGの独居房。
狭い通路なので、長蛇の列となってしまい
なかなかガイドの声も明瞭に聞く事が困難でした、この場所では。

DSC05912N.JPG
1924年に刑務所として役割を終えた後
この建物は老朽化され放置されていたそうですが
記念碑として、この建物の保存運動がはじまり1984年に現在のような形で公開
されたそうです。

DSC05931N.JPG
この刑務所内のチャペルでは、1916年5月4日イースター蜂起のリーダーの一人で
あったジョセフ・プランケットが処刑の数時間前に同じく収監されていたグレイス・
ギフォードと
薄暗いチャペルのキャンドルライトの下で、結婚式を挙げたそうです。
英国兵士が銃を構える中で誓約をし
そして、たった10分間だけ一緒にいることが許され、ただちに処刑された
そんな歴史もあったようです。


DSC05916N.JPG
さて、外の明かりが見えてきました。

DSC05925N.JPG
中庭に出てきました。
アイルランド共和国の国旗が、たなびいていました。

DSC05927N.JPG
1時間に亘るガイディングをしてくれた女性
指差すモニュメントは

DSC05924N.JPG
1916年のイースター蜂起で捕らえられた14名が、この場で処刑された事を記す
プレートです。
5月3日から12日にかけて4回に亘り処刑が行われたそうです。

唯一殺されなかったのが、後に2度アイルランド首相になったエイモン・デ・ヴァレラ
アメリカ国籍を有しているという理由で処刑を免れたとも言われています。
エイモン・デ・ヴァレラは、その後何度も刑務所を行ったりきたりを繰り返し
ここキルメイナム刑務所が1924年に幕を閉じた際には、最後の釈放者と
なったそうです。

DSC05922N.JPG
イースター蜂起で捕らえられた政治犯が処刑された場所

キルメイナムで祈りを捧ぐ(完)

本編は、もう少しあります
シャムロックに乾杯!アイルランド夏-28に続く


よろしかったら、お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
nice!(126)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 126

コメント 30

ぷーちゃん

刑務所のツアーですか。大変興味深いですね。
(^ー^* )
by ぷーちゃん (2009-10-07 00:43) 

yakko

お早うございます。
刑務所ツアーですか〜 (@_@;)
ちょっと恐そう・・・・
by yakko (2009-10-07 06:03) 

デルフィニウム

10分のしかも死が待っている逢瀬で何を語ったのでしょうか?
何も語らず抱擁のみだったのか。
知りたいような知りたくないような気持ちです。
by デルフィニウム (2009-10-07 08:26) 

二兎丸

重い歴史を重ねた国だけに、刑務所も重厚ですね。
…とか言いつつ、続きを読む前に上のほうの写真を見て
あら、こんなお部屋好き(>ω<)♪ 
って思っちゃった(笑)
by 二兎丸 (2009-10-07 10:02) 

sig

空の暗さがこの事実の重々しさを更に高めていますね。
新しい歴史であるだけに、ちょっとたまりませんね。
by sig (2009-10-07 11:15) 

ぽて

床が畳じゃない。そりゃそうだ、ヘンな所に注目してしまいました。
10分間だけの夫婦であった瞬間・・・
せめてもの計らいだったのでしょうか、胸に迫りますねぇ=_=
by ぽて (2009-10-07 11:27) 

cjlewis

こういう場所の歴史を聞くたび、辛い気持になります。
人はなぜ争い、処刑などというものを行ってしまうでしょうか。
by cjlewis (2009-10-07 13:47) 

くまら

読み入ってしまいました。
刑務所のツアーに参加した事ないですが
もう一度読んでみたいそんな内容でした^^
by くまら (2009-10-07 15:51) 

甘党大王

忘れちゃいけない事ですよね。。。
by 甘党大王 (2009-10-07 17:56) 

OMOOMO

おしゃれな(?)刑務所でびっくりしました。
いろいろな歴史があったんですね。
飢饉で、手厚い、施しを受けたり、
10分間の夫婦だったり・・・
by OMOOMO (2009-10-07 21:25) 

pace

外の明かりが自由の光に見えますね
by pace (2009-10-07 21:37) 

kuwachan

こんばんは。
こちらでは初めまして。
フォトの方ではお世話になっています(^^ゞ
私のブログにお越しくださり、nice! ありがとうございました。
アイルランドの歴史がずっしりと心に響きます。
どうぞよろしくお願いします。
by kuwachan (2009-10-07 21:53) 

八犬伝

TO:ぷーちゃんさん
「マイケルコリンズ」そのものの世界でしょ。

TO:yakkoさん
恐いと言うか、歴史の重みが
ずしんと響きます。

TO:デルフィニウムさん
本当ですね
どういう10分間を過ごしたのでしょうかね?
by 八犬伝 (2009-10-07 21:59) 

八犬伝

TO:二兎丸さん
あら、そうでしたか
何でしたら、収監されますか(^^ゞ

TO:sigさん
そうですね
近代史ですものね
とても重いです。

TO:ぽてさん
畳じゃないですよ(^^ゞ
どんな10分間だったんでしょうね?
とても興味が、ありますね。
by 八犬伝 (2009-10-07 22:08) 

八犬伝

TO:cjlewisさん
そうですね
特に、この刑務所の場合は
独立運動の闘士達ですからね
とても重いものがあります。
祖国の土に還っていく意味が。

TO:くまらさん
ありがとうございます。
ここは、本当に
訪れる価値のあるところです。

TO:甘党大王さん
そうです。
アイリッシュにとって、絶対に忘れてはいけない場所だと思います。
by 八犬伝 (2009-10-07 22:11) 

八犬伝

TO:OMOOMOさん
アイルランドって、歴史に翻弄されてきた国なのです。
ここは、とっても重いですよ。

TO:paceさん
ようこそお運びくださいました。
そうなのですが
この外の明かりの下に出ることは
処刑されることを、意味したのですね。
恐ろしいことですね。

TO:kuwachanさん
ようこそお運びくさいました。
どうぞ、よろしくお願いします。
アイルランドは、とても奥が深いですよ。
by 八犬伝 (2009-10-07 22:15) 

CC

処刑場の小さな十字架は、なんともいえない淋しい景色ですね。。。

by CC (2009-10-08 00:09) 

ka14

すごい雰囲気ですね!

行ってみたくなりました!
by ka14 (2009-10-08 01:28) 

やまがたん

訪問ありがとうございました^^
( ゚∀゚)o彡°広告もランキンクも゙☆ポチッとオウエン☆
by やまがたん (2009-10-08 05:43) 

デルフィニウム

一番最初の女の子たちのような若い方たちの心に響きますように。
by デルフィニウム (2009-10-08 07:55) 

mamii

興味深く読ましていただきました。

by mamii (2009-10-08 14:34) 

八犬伝

TO:CCさん
そうなんです
高い壁に比して小さな十字架
胸に迫るものがありました。

TO:ka14さん
もしもアイルランドに行くチャンスがありましたら
是非、お出掛けください。
ここは、凄いですよ。

TO:やまがたんさん
いつも、ありがとうございます。
by 八犬伝 (2009-10-08 23:32) 

八犬伝

TO:デルフィニウムさん
そうですね
これからの世代こそ、知っておくべきことかもしれませんね。

TO:mamiiさん
とても重いものがあります
この国の歴史には。
by 八犬伝 (2009-10-08 23:34) 

Nyandam

陽気で明るい街の近くには重い歴史の遺産が。
今の平和が続くことを祈らずにいられません。


by Nyandam (2009-10-09 11:35) 

るる

思く、分厚い歴史が横たわっているのですね。
by るる (2009-10-09 15:04) 

あおい君と佐藤君と宗男議員

一枚目の写真は、映画のポスターかと思いました。(笑)
うひゃ~!
この刑務所、200年以上も経ってるんですかぁ~?
すごいですね~。
パノプティコン(一望監視施設)って言うんですか?
ここはトップライトがあって明るくて広いんですね。
それに比べて、独房は狭いですね~。
でも、ワンルームマンションには、このくらいの処がありますね。(笑)

by あおい君と佐藤君と宗男議員 (2009-10-09 22:30) 

八犬伝

TO:Nyandamさん
そうですね
ベルファストでは、つい数年前
いや北アイルランドでは、小さい衝突はまだ続いています。
根深い問題のようですよ。

TO:るるさん
そうなんです
とても奥深く重たいものがありますよ。

TO:宗男議員
おおっ、映画のポスターね。
ここは、展示室なんですよ。

いましたなあ
コロムビア・トップ・ライト
by 八犬伝 (2009-10-09 23:05) 

クール

重く深い話・・・・。
皆さん、何を感じ取って帰るのでしょう。
by クール (2009-10-10 07:58) 

opas10

ヨーロッパの刑務所に染みついた歴史の重みが伝わってきます。同じ刑務所史跡でも、SFのアルカトラス島の、ちょっと突き抜けたような空気感とはエラい違いですね。
by opas10 (2009-10-10 11:24) 

八犬伝

TO:クールさん
歴史に翻弄された国アイルランド
学ぶべき事は、沢山あり
とても重たいものがあります。

TO:opas10さん
ここは、アイルランド独立運動の闘士が収監された刑務所ですので
その屈折したもどかしさ
と言うのでしょうか
とても、重い空気が流れています。
by 八犬伝 (2009-10-11 22:03) 

トラックバック 0