So-net無料ブログ作成

秋色に染まるアイルランド・2004秋・中 [アイルランド2004]

これぞ、アイリッシュ・ホスピタリティ


さて、いよいよ29日(土)から、アイルランドに旅立ちます。
2004年秋編を、完成させなくちゃ

今回は、ゴルウェイから1DAY TOURで行ったモハーの断崖とバレン高原ツアーをエピソードを交えながら、ご紹介します。アイリッシュと言うと、非常にフレンドリーな人柄で、またお喋り好き。タクシーに、一人で乗り込む時は、大抵の人が、助手席に乗り込むのだ。これには、非常に驚いた

 

バレン高原にも、古い教会跡があり、こんなマリア像がぽつんと置かれていました。

カトリック国家であるアイルランドには、このような遺跡が数多くそしてさりげなく残っています。

こちらは、巨人のテーブルと呼ばれる巨石墳墓です。カルスト台地であるバレン高原には、このような墳墓が70以上もあり、紀元前3,800~3,200年頃に作られたものと言われています。バスツアーで一緒だった、イタリア人の女の子を、入れ込んで写してみました。

海外で旅をしていると、このような道端の看板も絵になりますね。

この日は非常に天気が良くて、モハーの断崖からアラン島が眺められました。左前方にうっすらと写っているのが、お分かりになりますでしょうか。

オブライエンタワー
1835年に展望台として、建てられたタワーで入場料を払えば上に登る事が出来ます。

モハーの断崖では、一応立ち入り禁止区域があるのですが・・・・・・・・
そこは、オウンリスクでみんな構わず入っていってしまいます。
 毎年足を滑らせ、死者が出てもお構いなしだ。

 

遊歩道には、ギターをかき鳴らすバスカーがいました。
いい光景だったな。

 

これは、立ち入り禁止区域に入り、撮影したものです

さて、モハーの断崖の出発時間も過ぎ、みんながバスに戻ってくるのですが・・・・・・・

あと、4人足らないとバスのドライバー兼ガイドのおじいちゃんが、怒り出す。

「誰だ、いないのは?どうせ、イタリア人やスペイン人だろう。あいつらは、いつもそうだ」
そこへ、悠然とアイスクリームを齧りながらお母さんと子供がバスに向ってくる。しかし、そのお父さんと息子がいない。ドライバーの怒り頂点に達し「飛行機は、出発時間を待ってくれるか?列車は待ってくれるのか?いや、待たないだろう。早く2人を呼べ」と、車を駐車場の出口まで動かし出した。やっと、携帯で残りの2人を呼び寄せたお母さん。父と息子は悪びる様子もなく、悠然とバスに乗り込んできた。
これだからなあ、イタリア人は、最低だよな

 

スケジュールが、相当押したままランチタイムの為、パブに立ち寄る。僅か30分の食事時間だった。
この時も、怒れるドライバー「定刻にバスを出す。その時にいなければ、置いていく」と高らかに宣言。

今度は、流石にあのイタリア人家族も時間通りにバスに乗り込んだ。

そして、本来の行程にない海岸線の美しいブラックヘッドまで連れていってくれた。

が、しかし
この日は、ゴルウェイに戻ったら直ちに最終のダブリン行きの列車に乗らなければならないのだ。
絶体絶命のピンチ

 

ドライバーは、大丈夫だと太鼓判。

他にも、この列車に乗る女の子が一人と、バスでリムリックやシャノンに向う人多数。

さあ、どうするドライバー。

と、突然ゴルウェイに向う幹線道路に出て、すぐの村にバスを停める。

「さあ、バスに乗る人はここで降りて、バス停はあそこだから、あと何分後にバスは来るよ」

「列車に乗る人も降りて」「息子の車で、鉄道の駅まで送っていくから」と、ベンツに乗ったドライバーの息子が待機していて、ゴルウェイからひとつダブリン寄りの駅まで送ってくれた。そして、最終列車に乗り込むことが出来た。

なんという、アイリッシュ・マジック。これぞ、まさに素晴らしいホスピタリティ

 

「秋色に染まるアイルランド・2004秋・下」に続く


nice!(43)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 43

コメント 29

gutsism

楽しい旅を!
お写真とお土産話を楽しみにしております。
by gutsism (2007-09-23 19:43) 

八犬伝

TO:ガッツポーズさん
ありがとうございます。
目一杯楽しんできます(^^)v
by 八犬伝 (2007-09-23 20:13) 

旅行をする楽しみは自分が景色に溶け込むことと、
その土地の人と触れ合う事ですよね。ドライバーさん最高♪
素敵な旅のお話ありがとうございました(^^v
by (2007-09-23 21:34) 

風詩

そうですか、行かれるのですか。
写真を楽しみにしております。
 激写団、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。楽しい一日が過ごせました。また次回。
by 風詩 (2007-09-23 23:02) 

八犬伝

TO:ミラクルママさん
そうなんです、「飛行機は待つか、電車は待つか」って怒り出した時に、やるなあ、このドライバーと思ってたところ。最後の、大どんでん返し。素晴らしい人物でしたよ、なかなか出来る事じゃないですよね。

TO:クールさん
昨日は、どうもありがとうございました。
暑かったけれど、最高に楽しい一日でしたね(^^)v
by 八犬伝 (2007-09-23 23:08) 

くみみん

こんばんは。
憧れますね。なんかゆったりと時間が流れていそう。
でも、列車は待ってくれないわけなので運転手さんも慌てちゃったんですね=^-^=
気をつけて行ってきてくださいね。お土産話をお待ちしています♪
by くみみん (2007-09-23 23:15) 

あさぷー

昨日はどうもありがとうございました。
ご旅行、お気をつけて!
土産話、楽しみにしています。
by あさぷー (2007-09-23 23:26) 

八犬伝

TO:kumiminさん
そうですね、アイルランドはゆったりと時が流れていきますね。ああ~、楽しみだな(^^)v

TO:あさぷーさん
昨日は、どうもでした。
さあ、今度はどんなエピソードが生まれるか、とても楽しみです(^^)v
by 八犬伝 (2007-09-23 23:29) 

maguro-wasabi

看板の写真とてもオシャレですね。
月末からお出掛けですか?
アイルランドの寂しげな海になぜか憧れます。
ステキな写真を楽しみにしています。
by maguro-wasabi (2007-09-24 00:02) 

八犬伝

TO:まぐろとわさびさん
どうも、ありがとうございます。
そうですね、あの国は、色々なものを背負ってきたわけで
明るいイメージでは、ないですね。
でも、アイリッシュは、とてもフレンドリーでいい奴らなんですよ。
by 八犬伝 (2007-09-24 00:28) 

タクモフスキー

昨日はお世話になりました♪
旅行楽しんできてくださいね、あと12月お待ちしております(*^。^*)
by タクモフスキー (2007-09-24 00:36) 

八犬伝

TO:タクモフスキーさん
どうも、お疲れさんでした。
行きますとも、12月の仙台(^^)v
by 八犬伝 (2007-09-24 11:24) 

しろうさぎ

こんにちは。アイルランドへ29日から行かれるんですね。
良い旅にになりますようお祈りしていますね~^^。
素敵なお写真のお土産、楽しみに待っています。
by しろうさぎ (2007-09-24 12:27) 

支配人

アイルランドですか。
目に触れておきたいたい国のひとつです。
joyceの小説に惹かれた学生時代を思い出します。
by 支配人 (2007-09-24 12:49) 

maro*

新宿、おつかれさまでした
とっても楽しかったです!
この余韻のまま、アイルランドを存分に楽しんできてくださいね(^O^)
しかし、看板が良い雰囲気だぁ~(^^)
by maro* (2007-09-24 16:58) 

neko

ブログでははじめまして。
凄い断崖(;^_^A アセアセ・・・ 高所恐怖症ですから近づけません~~
29日からアイルランド、気をつけていってらっしゃい。
by neko (2007-09-24 17:32) 

豆まる

イタリア人ってとんでもなくマイペースなんですね(・ω・;)!!!
異国の地でドキドキ系サプライズはいらない(>Д<)
巨人のテーブルっどのように作られたんでしょう・・・・

アイルランド楽しんで来てくださいヾ(o´・∀・)ノ
by 豆まる (2007-09-24 20:11) 

rose-k

ハプニングやラッキーなことがあったりと楽しい旅のお話読ませていただきました(^^)
立ち入り禁止区域、ご無事でよかった~(^^;
by rose-k (2007-09-24 22:23) 

遊歩道のギターをかき鳴らすバスカーがステキですね!
絵になります~♪
イタリア人さんは、時間の観念がないのかな~?
でも、ドライバーさんはとってもすてきな方ですね♪
by (2007-09-25 13:42) 

八犬伝

To:しろうさぎさん
お運び、ありがとうございます。
はい、沢山撮ってきますね(^^)v

TO:支配人さん
お運び、ありがとうございます。
いいですよ、アイルランドは。
是非とも、機会を作られてみてください。
by 八犬伝 (2007-09-25 22:30) 

八犬伝

TO:maro*さん
そうなんですよ、不思議と看板が絵になるんですね。
新宿の勢いで、乗り込みます(^^)v

TO:nekoさん
お運び、ありがとうございます。
この断崖で、みんな身を乗り出して記念写真を撮っているのですよ。
凄いですね。
流石に私は、しませんでしたが(^^ゞ
by 八犬伝 (2007-09-25 22:32) 

八犬伝

TO:まめさん
お運び、ありがとうございます。
そうなんですよ、ラテン系はおしなべて駄目ですね。
まあ、一番最悪なのがイタリアンだと思いますが。

TO:rose-kさん
はい、無事に帰還いたしました(^^)v
by 八犬伝 (2007-09-25 22:34) 

八犬伝

TO:りすあすさん
そうなんです、このバスカーは凄く絵になっていました。
あんなドライバーは滅多にお目にかかれないですね、素晴らしすぎでした(^^)v
by 八犬伝 (2007-09-25 22:36) 

PAPA

ソネットフォトではお世話になっています^^素敵なブログですねこらからも宜しくお願いします。
by PAPA (2007-09-25 23:13) 

八犬伝

TO:PAPAさん
お運び、ありがとうございます。
1週間に一度の更新を目指しておりますので、末永くお付き合いくださいm(__)m
by 八犬伝 (2007-09-25 23:30) 

ぱせりん

ドライバー兼ガイドのおじいちゃんのイライラもつのりますよね!
日本だったら時間を気にしないほうもお客を怒鳴るほうも
考えられないですね(笑)
いよいよあと3日で出発なのですね♪
どうぞお気をつけて楽しんできてください(*^o^*)
by ぱせりん (2007-09-26 23:46) 

八犬伝

TO:ぱせりんさん
ありがとうございます。
そうなんです
土地が変われば、色々とありますね。
ましてや
ヨーロッパって、人種も違えば宗教も違いますのでね。
by 八犬伝 (2007-09-26 23:54) 

Ranger

紀元前3,800~3,200年頃・・・・歴史のスケールが違い増すよねぇ^^
バスカーのフォトが素敵です^^
もうすぐですね^^
素敵なお土産話待ってますね!
by Ranger (2007-09-27 21:30) 

八犬伝

TO:Rangerさん
そうですね、スケールが違いすぎますね。
このバスカーは、本当に絵になっていました。
ありがとうございます、沢山写真を撮ってきますね(^^)v
by 八犬伝 (2007-09-27 22:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0